So-net無料ブログ作成
検索選択
おはなし ブログトップ

黒猫亭 [おはなし]

例えばこんな時に、黒猫亭に灯りがともります。

「あ、あそこに家がある。少しでも休ませてもらえるといいのだが。ともかく行ってみるか」

旅する人が幾日も道に迷って疲れはてた時。
日もくれ心細くなって辺りを見回すと、ふっと、遠くに灯りが見えます。

もうくたくたになった体の、最後の力を振り絞ってたどり着いたのが”黒猫亭”と書かれた小さな家です。

戸をあけると、
「いらっしゃいませ」
赤い前掛けをした小さな黒猫が、前足をきちんと揃え、お行儀よく座って出迎えます。

「どうぞこちらへ」
誰もが一瞬、人間でなかったことにびっくりしますが
でも黒猫は悪い猫には見えませんし
それより何より、体を休められることがありがたいと思いました。

旅人の前を歩く黒猫が案内した場所は、小さなお部屋にベッドが一つ。

綺麗に整えられたお部屋はあたたかで、
黒猫の用意してくれた温かなお茶を飲むと、
寒い中を歩いてきた旅人は、ひとごこちついてほっとします。

「では、おやすみなさい」
それを見た黒猫はそう言って、また前足をきちんと揃えて小さくお辞儀をし、戸を閉めました。


翌朝、旅人はすっかりとは言わないまでも、元気を取り戻して目がさめました。
このぶんなら今日はまた旅を続けられそうな気がします。

側に寝ていた黒猫が起き上がって、背伸びをしました。

「昨日の黒猫はお前さんかい?」
「にゃあ」
「昨日はたしかに人間の言葉を喋ったのに」
黒猫は何も言わず、尻尾をピンと立て、旅人に擦り寄ってから、ゆっくりと歩いて行きました。


黒猫亭の灯りは、体や心のくたびれた人が、一晩の宿を借りたい時にだけつきます。
もしそんな時があったら、森のなかに小さな灯りをさがしてみてください。
きっと、黒猫が待ってます。

多分、風がしらせるのでしょう。
猫は鼻がききますから。

DSC05145s.jpg
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

恐怖のネコ人間 [おはなし]

あるところに、ぐうたら主婦・Nがおりました。
(プライバシー保護のため、ここではあえて匿名にさせていただきます。。。)

Nには、ネコが3匹おりました。
(ネコの数はあってますが、うちじゃありません)

御存知のように、夏になろうという頃、これから寒くなろうとする頃、ネコたちは、一斉に毛が生え変わります。

かいかい~と頭をかくと、ふわふわ~と毛が飛び、お気に入りのネコじゅうたんでごろごろすると、じゅうたんは毛だらけ。
よしよし、いい子だね~と、頭をなでると手にまとわりつく毛。
さらにネコ同士、喧嘩でもおっぱじめようものなら、犯行現場のように飛び散る毛、毛、毛!
ようするに、この時期、家のどこに行っても、ネコ毛の落ちてないところなどありません。

Nは、ぐうたらですから、そんなもの気にもしてませんでした。
掃除?ちゃんちゃらおかしい。
「まあ、そのうち暇になったらやるわよ」なんて、言って、毎日、ひたすらネコとお昼寝にふけっておりました。
(実際には、忙しいところなど見たことないのですが・・。)

ところがある日のこと、なんだか、頭のてっぺんの両端がもぞもぞしだしました。
でも、Nは、ぐうたらですから、すぐさま、鏡の前に行って見てみるなんてことはしませんでした。

そして、またある日、今度は、Nはあくびをした時、口がずいぶんと大きく開いた気がしました。
でも、「まあ、一度に沢山ご飯を食べられて、便利だわ」と言ってるくらいでした。

更にある日、Nは手のひらが、もっこりぷにぷにしてきたことに気づきました。
「食べ過ぎて太ったのかしら?あらでも、きもちい~!」とNは逆に大喜び。

しかし、ある日、ネコの隣でお昼寝から目覚めた時、Nは、両腕を前にグーンと伸ばして、おしりをあげてのびをしている、4本足の自分に気づきました!
これにはもう、さすがのNも慌てて、家人に助けを求めようと、電話台に飛び乗り・・・。
そう、Nは仲間のネコたち同様、軽々と、電話台に飛び乗れたのでした!

電話台のところにあった鏡には、紛れも無い、中年ネコの姿が映っております。。。

いつもあまりにネコの毛だらけの中で暮らしていたので、Nは、自分にネコの毛が生えていたことに気が付かなかったんですねえ。


ネコの飼い主は、ネコの毛の掃除をちゃんとしないと、とんでもないことになるというお話。
飼い主の皆さん、お気をつけ下さい。
(私じゃないよっ!!!)

虫 010s.jpg
写真のネコたちは、主婦Nとは何の関係もございません、あしからず。)
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

怪談 ネコのあくび [おはなし]

「nekoじいさん、おはなしして~」「おはなし~」「ねえ、nekoじいさーん」
お昼寝から覚めたゴンとシロとクロが、nekoじいさんのそばに集まってきました。

nekoじいさんは、目を細めながら3匹をなでて言いました。
「よおしよし、そうだな・・・じゃあ、今日はこんなおはなしはどうかな」

032sanbiki.jpg


昔々、旅のクロネコがおったそうな。

クロネコはその日、もう何里も何里も、森のなかを歩いていたので、すっかり疲れておってな。
夕暮れ時に、ちょうどいい木の洞を見つけたので、その晩はそこに休むことにしたんだ。

さいわい、クロネコは若かった。
ぐっすり眠った翌朝、洞からでてきたときには、もうすっかり疲れもとれておった。

見上げると、おひさまも照って実に気持ちのいい朝じゃったから、クロネコは、ぐーんと伸びをして、そのまま、おもいっきり、お~おきなあくびをしたのじゃ。

しかし、その時じゃった!

あんまり気持よく大あくびをしたので、なんと、クロネコは口から裏返ってしまったのじゃ!


「ええ~っ!」「うそだあ!」「こわいっ!」
「ははは、まあまあ、三匹とも、はなしは最後まで聞くもんじゃよ」


しかしな、クロネコは長い旅の間にいろんな事を見聞きしてきたのじゃろう。落ち着いたものじゃった。

そのまま木の洞に戻って、もう一眠りしたんじゃ。
そして、眠りから覚めるともう一度、ゆ~っくりと、お~おきな伸びと大あくびをした。

これでクロネコはまるきり元どおり。
そして、また今日の旅にでたんだとさ。


「ああ~よかったあ」


みんなも、大きなあくびをするときには気をつけることじゃよ。


「今日のおはなしは、これでおしまい。さあ、みんなでご飯でも食べに行きなさい。」
「はあい!」

でもね、まだお昼寝が足りなかったのかしら?
寝起きの悪いゴンちゃんは、あらあら、伸びをしたあと、ふわっと大あくび!!!

「ゴンちゃん!」
「お兄ちゃん!」
「わ!」
はっと気づいたゴンは慌てて両手で口を抑えました。

あぶない、あぶない。
よいネコのみなさんも、気をつけてくださいね!

057akubi-gon.jpg

055akubi-siro.jpg

053akubi-kuro.jpg
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

朝顔のきもち [おはなし]

「明日よ!」
お月さまにいちばん近い朝顔のつぼみが言いました。

このごろはもう、暑かった夏の頃のように、庭の朝顔たちが毎朝花を開かせることはないのでした。

「分かった、明日ね!」
「明日だって!」
「あした?」
「明日よ!」

1つのつぼみの言葉は、隣のつぼみへ、そしてその隣のつぼみへと、静かな月夜の庭に次々と広がり、まもなく、庭の全員の朝顔たちに伝わりました。

そう。今までの冷たい雨と風は止み、明日はいいお天気になるのです!

そしてやはり翌朝、久しぶりに山から顔を出したお日さまが、温かで明るい日差しを庭にも注ぎ始めました。

朝顔たちは、昨日の言い合わせ通り、一斉に、赤やピンクや紫や白の顔を開けます。

「わあ、今朝は朝顔がいっぱい!もう秋なのにねえ。」

やがて起きてきた寝坊の家人の言葉に、朝顔たちは、ちょっとはにかんで揺れました。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

霧の夜の出来事 [おはなし]

「すっかり遅くなっちゃった。ゴンとシロが待っとるやろね」

夕方ふった雨が深い霧になった深夜、音を無くしたように静まりかえった街を、時々、霧に拡散するヘッドライトとすれ違いながら、家路へ急いだ。

家のカギを開けると、なにやら中は話し声や笑い声がにぎやか。
ありゃ。
テレビ消し忘れてたあ?

あわてて居間の廊下に通じるドアを開けると、そこにはネコたちが!!

いや、シロとゴンだけなら、驚きはしない。
いつもシロに会いに来る若いシマクロ、ゴンそっくりの外ゴン、肌色の太ったボスネコ、お隣でご飯だけもらってるキジネコ等々・・・普段この辺りをすみかとしているネコたち、みんなが、楽しげに談笑の最中だった。

でも、ネコたちと私たちの目があうや否や、それまでの和やかな雰囲気は瞬時に緊張し、シロとゴンを残して、彼らは、疾風のように、開いていた窓から姿を消した。

あっけにとられている私の足下に、にゃーん(=「お帰り」)、と、いつものように寄り添ってくるシロ。
ゴンは、何事もなかったように、ネコ毛布の上でひと伸びすると、前足の上にあごを置き、背中を丸めて目をつぶった。

目の前にほんの数秒間起こった目を疑う出来事が、あらためて思い浮かぶ。

私たちが入ってきたとき、たしか、シロは、少女のコケティッシュな雰囲気で二本足でたっていた。
ゴンは、腕枕で寝ていたと思う。
他のネコたちも、足を組んだり、手をたたいたり、ネコ同士で肩に腕を回しあったり、まるで好きな恰好で楽しげにくつろいでいた。

いやそれどころか、そうだ!
たしかに、みいんな喋ったり笑ったり、談笑してたのだ、人間語で!
そう、玄関先で聞こえた言葉は、テレビなんかじゃない、独特の抑揚のあるネコの話し声だった!

でも、ようやくそこまで気づいた時は、偶然垣間見たネコたちの姿は、既に夢ごとのように消えてしまったあと、ゴンとシロも知らぬ存ぜぬ、何もなかったかのようで、閉め忘れていた窓の外には変わらぬ濃い霧が漂っていた。

霧の深い真夜中、そっとネコたちを覗いてみてください。
そこには、見たい人にだけ見える、ほんとうのネコの世界が広がっているようです。

写真と本文とは関係ございません。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット
おはなし ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。