So-net無料ブログ作成
検索選択

ペット用ジャーキー~FDAのサイトから [ネコの健康]

ヤフーニュース「ペット用ジャーキーで犬猫に被害、米当局が注意呼びかけ」という記事が載っていたので、久々に、FDA(米食品医薬品局)のサイトに行ってみました。
(FDAのジャーキーに関するページはこちら

内容は、ヤフーにまとめてあるとおりですが、気になった点を。

●「ジャーキーによると思われるペット病気が増えていることを、FDAは2007年から気づき始めた」とあります。
これって、中国製のペットフードにメラミンが入っていた時期ですね。
(当時、うちのブログでも、「ペットフードで死亡」や「ペットフード汚染」として、何度も書きました。このページ次のページあたりにあります、ご参考までに。)
今回の件が、メラミンかどうかは、まだ原因が特定できてないと書かれているので、わかりませんが、あの頃から続いていたことなのですね。

●多くの場合、犬だが、猫も被害にあっていて、症状は、60%で胃腸の病気(肝酵素が高い場合もあればない場合もあり)、30%で腎臓または尿、残りの10%で、けいれんや震え、じんましん、皮膚の炎症などの様々な症状が出ている。

●問題となっているジャーキーの多くは中国製でブランドは限られていない。
多くのジャーキーは、チキンジャーキー(おやつ、柔らかいもの、裂けるもの)だが、ダックやさつまいもを含むものや、チキンやダックをドライフルーツやさつまいも、ヤムイモでまぶしたおやつもある。

●多くは、中国産だが、”中国産”と書かれていない製品であっても、原料輸入して使っている事があるので、注意するべき。(確かにそうですよね!)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。